これからの経営には


変化に対応する力が

求められる

市場意識の変化

モノ余りの時代となり「より新しいもの」「より価値のあるもの」を生み出し続けることが求められるようになってきています。

また、SDGsなどの広がりにより「商品・サービス」だけでなく、サスティナビリティ(持続可能性)など、その生産プロセスの健全さなども注目されるように。

    詳しく読む ≫  
働く意識の変化

ワークライフバランス、ホワイト企業といった言葉に表されるように「ただ働けばいい」「ただ稼げればいい」という意識は急速に変化しています。

若年層を中心に「社会にとって意味がある仕事」をしたい、やりがい、生きがいを感じて働きたいという意識も高まっています。

    詳しく読む ≫  
変化そのものの激しさ

VUCAの時代と言われますが、インターネットによって世界が繋がり、あっという間に情報は伝達され、模倣されていきます。AIなどの技術進化もいよいよ速くなっています。

「10年後も安泰だ」というビジネスはなくなり、いつ大きな環境変化が訪れるか誰にも予測しえない時代になっています。

    詳しく読む ≫  

01.市場意識の変化

市場意識の変化|ヒューマンセンタード経営|株式会社コーデュケーション

戦後日本の産業の主役は製造業でした。自動車が各家庭にない時代には、自動車が量産され“一家に一台”が実現するよう、大量生産をしていくことは【豊かさ】そのものでした。

しかし出生率が2を切り、市場全体のパイが増えず、一家に一台も実現されてしまったあとでは、量よりも質が重要になりました。

「モノを買うのではなくコトを買う」と言われるようになってから久しいですが、それに加えて、環境問題やSDGsなどもあり、消費者意識、購買意識は年々変化しています。

どんな価値が「買われる理由」になるかが変わり続ける時代になっています。

Keyword

SDGs、サスティナビリティ(持続可能性)、環境問題、情報の透明性、消費者意識

#市場意識の変化 に関する記事・動画
#51 【経営の方向性】管理型⇔自発性を伸ばすのいいとこ取りはできるのか!?
#50 2022年7月 参議院選挙を振り返る
#49 【本当に注目されているの?】ESGとこれからの企業の在り方【ご相談増えてます】

02.働く意識の変化

働く意識の変化|ヒューマンセンタード経営|株式会社コーデュケーション

「24時間戦えますか?」

このようなフレーズでCMを流したら、現代ではすぐにブラック企業だと炎上することになるでしょう。

明らかに「働く」ということへの意識は変化しています。2000年代からワークライフバランス(WLB)という言葉が広がり始めました。また年功序列や終身雇用の崩壊ということも働く意識へ大きな影響を与えてきました。

2021年現在、若者の意識調査では「出世はどうでもいい」「楽しく働きたい」といった意識が強くなっているという結果があります。出世や昇給などのアメによって人を動かすことが難しくなってきているのです。

Keyword

ワークライフバランス(WLB)、ホワイト企業、働き方改革、価値の多様性、QOL(クオリティオブライフ)

#働く意識の変化 に関する記事・動画
#58 【両利きの経営】10年後・20年後を見据えたときに求められる探索型マネジメント【新規事業】
#57 日経トップリーダーの「若手社員が管理職になりたがらない」について探究する
#56 AIに支配された世界について本質的に考える

03.変化そのものの激しさ

変化そのものの激しさ|ヒューマンセンタード経営|株式会社コーデュケーション

2020年は、コロナ・パンデミックに世界中が襲われましたが「何が起こるかわからない」ということの象徴のような出来事でした。

感染症だけでなく、新技術の進展などによって市場環境が一瞬で変わってしまうことがあります。デジタルカメラの出現でフィルム屋さんはなくなりました。iTunesの登場でCD屋がなくなり、amazonの出現で本屋が減っています。

「未来を正確に予測し、先手を打つ」ということ以上に「予測できなかった事態に直面した際に、柔軟に対応する」力、レジリエントな力が求められるようになっています。

Keyword

VUCA時代、変化への対応力や柔軟性、自律自走人材、社員1人1人の経営者意識

#変化そのものの激しさ に関する記事・動画
Vol.99 ビジネスにおける【再現性】と【創造性】を学ぶ
Vol.88 社会の変化に対応する必要性―これまでは取り沙汰されることもなかったことが「問題」となる時代に
Vol.87 柔道日本代表から学ぶ 昭和的な価値観からの脱却――時代の変化にあわせた変容の必要性