TOP > 営み > 熟議

熟議とは?

熟議とは?


熟議とは?


私たちは民主主義の法治国家で暮らしているということになっています。民主主義というのは、国民が自分たちで自分達の国を築いているということです。自分達の法律を、自分達で作るということです。独裁国家ではなく、誰かが勝手にルール(法律)を決めて、それに従わせるということなどできない、という考え方を大事にしているわけです。


私が政治や社会といったことに初めて真剣に意識を向けたのは、2011年3月11日の東日本大震災がきっかけでした。地震、津波、原発事故・・・。その中で、私自身は原発事故に強い衝撃を受けたのです。

私自身は東京に暮らしていて、福島の原発で作られた電気は、都民である私が使っていたものでした。自分が日ごろから使っているものが、こんなに危ないものだとは知りませんでした。いや、どこかで知っていたはずなのですが、真面目に考えたことはありませんでした。「目を背けていた」とも違うのです。でも、原発事故という形で無視できなくなった時に「これは、お前の問題でもあるのだ。お前の問題なのだ」と突きつけられたような気持ちになったのです。

そう考えていくと、例えば沖縄や横須賀にある米軍基地。この基地問題は「基地がある地域の人の問題」とは言えないのだなと思い始めました。


では、様々ないわゆる社会問題はどうなのでしょう?うつ病になる人がたくさんいる、自殺者が多い、年金問題、財政赤字・・・・。どれもこれも、本当は他人事ではない、そういう気がしてくるのです。

例えば私たちには消費者という側面もありますが、消費者として「良いものを安く買いたい」と思います。しかし「良いものを安く買う」ことを選べば「良いものを作った人が安い賃金しかもらえない」ということが、同時に起こるのは明白です。では、この消費と労働の関係は、どうしていいったらいいのだろうか?

民主主義社会の住人として「自分達の社会を、自分達で作っている」のなら、これも自分達で考えなければなりません。そして、自分達で法律を作ったり、変えたり、廃止させたりしていく必要もあるはずなのです。


正直、今の日本の民主主義は、かなり死んでいます。国政選挙の投票率は50%にすら達しないことが多く、国民が「自分達で法律を作り、国を作っているのだ」という感覚もほとんど持てずにいるのだ、と言っても大袈裟でないような状況だと思います。

今は、議会制民主主義の形で政治は運営されています。そもそも議会制民主主義でいいのかといったこともありますが、とは言え現状が議会制民主主義である以上、その仕組み・プロセスの中で最善を尽くしていくことは、とても大切なことだと思うのです。


私は「熟議」というプロセスが、とてもとても大事だと思っています。最終的に自民党に投票する、共産党に投票する、そういう投票行為での意思表明になるとしても、じっくりと、一つのことについてちゃんと多方面から検討するということがとても大切だと感じるのです。

例えば、エネルギー政策一つをとっても、原発は残すべきという視点、原発は即座にやめるべきという視点、持続可能エネルギーにはどんなものがあるのかという視点、そもそも経済成長とエネルギーを重視するのかという視点・・・様々な視点から、検討を深めていく、その熟議のプロセスが大切であり、それを、できれば地域の候補者たちと、日ごろから話しあい続けていることが理想のように思っています。

もちろん、大人は、ただ「投票者」として生きているわけではなく、労働者として、親として、夫や妻として、消費者として、個人として、色んな側面を生きていて、それはどれも大切にするべきものと思いますし、国民とか投票者とかの側面だけに人生の90%を捧げる、というのもバランスが悪い感じがします。

しかしそれでも、私は2011年3月11日から「市民・国民」という側面を全くもたずには生きていてはいけない、と思うようになりました。


自分達の社会を自分達で創っていく、築いていく。

それはとても誇らしく、豊かな営みでもあると、それもまた強く思っています。

”熟議”詳細

月1回の勉強会・検討会 8時間
政治家や学者を呼んでの勉強会や、意見交換会も。
参加費、月額1万円。(年会費12万円。月払いor年払い 1年更新) ※お支払いはお振込み、口座引き落とし、ネット決済のいずれかです

参加者は最初は10人でも、100人、1000人、10,000人と増やしていきたいと思っています。

社会全体のことを考え、対話する人たちの輪を広げていきましょう。


スケジュール

  • 第1回 2018年4月7日(土):テーマ「エネルギー政策」
  • 第2回 2018年5月12日(土):テーマ「働き方改革」
  • 第3回 2018年6月2日(土):テーマ「金融政策」ゲスト:フェア党党首大西恒樹さん※調整中
  • 第4回 2018年7月7日(土):テーマ「学校教育」
  • 第5回 2018年8月4日(土):テーマ「外交・防衛」
  • 第6回 2018年9月1日(土):テーマ「地方分権」
  • 第7回 2018年10月6日(土):テーマ「メディアリテラシー」
  • 第8回 2018年11月3日(土):テーマ「医療」
  • 第9回 2018年12月1日(土):テーマ「食・健康」

実際の内容(基本形) 9-17時

  • ゲスト講義Aさん 1時間
  • ゲスト講義Bさん 1時間
  • 自分達でのリサーチタイム 1時間
  • 対話 2時間
  • アクション検討 1時間

お申込みはこちら

お申込みはこちらから

フォームの問い合わせ種別から「塾議」をお選びください。

PAGE TOP