Co-ducation

内定率95%の就活スクール
三菱商事・アクセンチュア・Panasonic・資生堂・リクルート・東京海上日動… 難関有名企業への内定多数

就活ノウハウ


マッキンゼー、アーサーDリトル、アクセンチュア、ブーズアレン、アビーム、トーマツ、野村総研など一流企業への内定実績を誇る
【コンサル徹底対策講座】
詳細はこちらから

商社研究

Ⅲ、総合商社の仕事内容


この章では、商社マンが日常的に行っている仕事とそのやりがいについて述べる。
商社は「華やか」「グローバル」というイメージが強いが、地味で泥臭い仕事も多い。しかし、その中でもやりがいは確かに存在するはずだ。商社のリアルなイメージをこの章で付けていただきたい。

i) 商社マン(コーポレート)の一日

 「商社の事業内容も知りたいけれど、実際に働いている人がどのような働きをしているのか気になる」という要望が多いかと考え、某総合商社に勤めている先輩に協力していただき、「商社マンの一日」をまとめた。自分が商社に勤めたらこんな感じの一日になるのだな、というところを想像していただければありがたい。

6:00
起床・身支度。今日もがんばろう。
7:00
会社に行く。満員電車はつらいけど乗り換えがないからまぁ楽かな。
8:00
メールチェック。今日もメールがたくさん。
9:00
営業の人が相談に来る。しっかりと話を聞き、解決策を提示する。
10:00
上司や同僚たちとミーティング。
11:00
ミーティング。
12:00
同僚とランチ。
13:00
ミーティングの結果をメモで報告。しっかり書かないと怒られる。
14:00
たまってるタスクをこなそうと思ったら税務室から電話があり、呼び出される。
15:00
税務室から調査依頼がある。さっそく取り掛かる。
16:00
調査を続ける。
17:00
続ける。終わった!
18:00
こなせなかった様々なタスクをこなしていく。
19:00
取引先へロングメールを打つ。
20:00
今日締め切りのタスクがないかどうか確認。
21:00
部長から声をかけられ、飲みに付き合わされる。
22:00~
さて、今日はいつ帰れるんだろう。明日に響くから早めに返してほしいなぁ・・・。

▲ PAGE TOP

ii) やりがい

 商社に関わらず会社説明会やリクルーターとの会話の中など、就職活動をしていると一番出てくる言葉である。「やりがい」はなかなか明確に説明することが難しいが、働く上で非常に大事なことだ。実際に働いてみての本音のやりがいを以下に記す。

成長できる実感

どんな仕事でも、将来の自分の糧になっていると実感できる。辛くて涙をこぼす時もあるが、成長している実感があるので、日々頑張ることができる。

自分の責任を全うしたと感じる時

営業の人に頼られ、しっかりとアドバイスができて上司に認められると、非常にうれしい。自分が会社の役に立っている、ひいては日本のためになっているという実感は商社ならではの魅力。

21日の給与明細や6月のボーナス

とはいえ、給料も重要。残業が多い月や、ボーナスが出るときの給与明細を見ると自然と顔もほころぶ。

まとめると、

・市場価値を高められる
・自分の存在価値を確認できる
・高い給料
というところが総合商社のやりがいであろう。これらのキーワードに魅力を感じるならば、総合商社は合っているのかもしれない。

▲ PAGE TOP

外資金融や外資コンサルなど超難関企業への内定を獲得する極意とは?

自己分析からエントリーシート対策・面接対策まで、内定力を大幅に高める
就職活動生向け小冊子「就活の極意」を500名限定にて無料公開中!

※定員に達し次第公開終了となりますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください。尚、お申し込みいただきますと、コーデュケーションが発行する就活支援メルマガへの登録も後日代理でご対応させていただきます。

概要 A4サイズ55ページ PDFデータ版
松本祥太郎(現役採用コンサルタント)・石川英明(元大手外資系コンサルタント) 共著
内容 最高の結果を得るキャリアプランの立て方がわかる

内定力を構成する3つの力とその高め方がわかる
面接官の質問への回答法がわかる
魅力的なエントリーシートの書き方がわかる
効果的な自己分析方法がわかる

グループディスカッションの極意がわかる

▲ PAGE TOP

プラチナ就活スクール開講中!
これまでの内定率100%。実績はゴールドマンサックス、マッキンゼー、野村総研、資生堂、トヨタ自動車・・・
商社希望者のための就職ノウハウも!