TOP > 営み > So

セルフイノベーションプログラム「So」とは?

セルフイノベーションプログラム「So」とは?


貴方が生まれ変わる。自分を受け容れることによって。自分を知ることによって。そして、人生が変わります。

セルフイノベーションプログラム「So」とは?


人間の根本的な本質は愛です。

愛のことを、仏性と呼んだり、源と呼んだり、神と呼んだり、Something Greatと呼んだり、大日如来と呼んだり、呼び方は色々あると思いますが、呼び方はどうあれ、人間の根本的な本質は愛です。


お釈迦様が「自分の仏性に気づきなさい」と言った、その仏性とは、自分自身に備わる慈悲心、愛に気づきなさいと言ったのだと思います。

イエス様が説いていたのも、愛の大切さだったと思います。

キリスト教の世界においても<コリントの信徒への手紙>があります。

「たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、私は騒がしいどら、 やかましいシンバル。たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、わたしに何の益もない。
 愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。
 愛は決して滅びない。預言は廃れ、異言はやみ、知識は廃れよう、わたしたちの知識は一部分、預言も一部分だから。完全なものが来たときには、部分的なものは廃れよう。幼子だったとき、わたしは幼子のように話し、幼子のように思い、幼子のように考えていた。成人した今、幼子のことを棄てた。わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、鏡と顔とを合わせて見ることになる。わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。」

とあります。


私たちの本質は愛であり「そのことを思い出す」「そのことと繋がる」ということがあれば、極論、全ての日常から恐れは消え、愛と豊かさの世界を生きることになります。

禅の世界に十牛図というものがあります。これは「悟りの解説書」とも呼ばれるものですが、その一枚目は「尋牛」と呼ばれていて、その解説には ”初めから見失っていないのにどうして追い求める必要があろうか?”とあります。

私たちは、自分達の本質を「見失ったふりをして」、無知無明の苦しみに自ら飛び込んでいっているのです。

自分達の本性である愛を、覆い隠しているのは執着、煩悩、怖れ、不安、制限、ジャッジといったものです。


これらの制約的な思考のために、私たちは「天国から離れてしまった」のです。

創世記にあるアダムとイブの話は有名ですが、蛇にそそのかされたイブは、神から「この実だけは食べてはいけない」と言われていた知恵の実を食べてしまいます。それによって、天国から追放されるといった物語ですが、

このイブが食べた知恵の実は、善悪の実、判断の実で「これはよいが、これはダメである」という二元的、制限的な思考を象徴的に描いたものという解釈があります。(私自身、その解釈はとても腑に落ちています)

仏教でいう「無知無明の苦しみ・煩悩」というのは、このキリスト教の物語ででてくる「知恵の実」が原因だ、ということです。

----------

「違い」や「個性」は、神から授かった黄金の宝石であり、それによって私たちは「体験」というギフトを賜っているのです。

しかしこの「違い」が善悪や、正邪、優劣といった二元論に陥ってしまっているのがこの地球というフィールドの現在の特徴です。


この宇宙には「根源的な愛」と「完全にユニークな個性」の両立によって、人生を満喫しているフィールドがたくさんあります。

しかし、今この地球では、根源的な愛との繋がりを忘れ、自らの個性を殺しながら生きている人たちがたくさんいます。(それが、まさに無知無明の苦しみなのです)

無知無明の闇を切り払い、自らの本性を悟り、その上で、自らの個性・持ち味を知って生かす。これをこのプログラムではやっていきます。

これまでの参加者の声


  • 「なんだか元気が出た」
  • 「自分のテーマが見つかって、悩みが深まった(笑)」
  • 「これでいいんだ、ここまで順調だったんだと安心できました」
  • 「すっごい変化がありました。右利きが左利きになったくらい」
  • 「やっぱり、素敵な自然の中で過ごすと、なんか癒されますね」
  • 「途中で急遽Sound Soulsのセッションが始まったんですけど、自分の個性を知れて、それですごく腑に落ちました」
  • 「みずきさんの笑顔♪」
  • 「悩んでいる人が他にもいて、それがなんだか正直ほっとしました。」
  • 「ご飯がおいしかった!」
  • 「あんなに笑ったの久しぶりかも。とにかく楽しかったです!」

プログラム

Day1

1.煩悩が生じる仕組み
   体験から学ぶ

2.煩悩を滅却する方法①
   集中内観
   自律訓練法
   フォーカシング

3.タマス・ラジャス・サットヴァとそれぞれの煩悩
   タマス的煩悩(どうせ・・・etc)
   ラジャス的煩悩(勝ちたい、成功したい、幸せになりたいetc.)
   サットヴァ的煩悩(解脱したいetc)

Day2

4.引き寄せの法則と意識と魂
   タマス的引き寄せ
   ラジャス的引き寄せ
   サットヴァ的引き寄せ

5.煩悩を滅却する方法②
   ギャーナ・ヨガ(知識による浄化)
   カルマ・ヨガ

6.天国の条件、生まれ変わりと閻魔大王
   天国の条件とは
   閻魔大王とは
   生まれ変わりとは

7.個性と自由、
   5タイプ、Strength、ホロスコープ、Sound Souls

Day3

8.サットヴァに生きる具体的な方法
   サレンダー
   南無阿弥陀仏
   ヴィパサナ瞑想

Day4

9.そして旅路へ


開催概要

日時

原則隔週 金曜日 19:00-22:00
※一部異なる場合があります。
※詳細は、下記スケジュールをご確認ください。

開催場所

アトリエ・マギ(詳しい道順を確認する

東京メトロ東西線 門前仲町駅 1番出口より徒歩3分
都営大江戸線 門前仲町駅 6番出口より徒歩5分

〒135-0047 東京都江東区富岡1丁目14−2

参加費

4日間合計 20万円(税別)
※やむを得ない事情で欠席する日程があった場合も、原則返金は対応しておりませんので、日程をよくご確認の上お申し込みください。


2018年度 開催スケジュール


第1期:2月23日(金)、3月16日(金)、3月30日(金)、4月20日(金) 詳細はこちら

第2期:4月27日(金)、5月11日(金)、6月1日(金)、6月22日(金) 詳細はこちら

第3期:6月29日(金)、7月20日(金)、8月17日(金)、8月31日(金) 詳細はこちら

第4期:9月7日(金)、9月21日(金)、10月5日(金)、10月19日(金) 詳細はこちら

第5期:10月26日(金)、11月16日(金)、11月30日(金)、12月21日(金) 詳細はこちら

お申込みについて

Facebookの場合

Facebookのそれぞれのイベントページからお申し込み下さい。

メールフォームの場合

お申込みはこちらから

上のフォームからお申し込み下さい。
問い合わせ種別から「セルフイノベーションプログラムSo」を選び、内容に参加希望日時をご記入ください。

PAGE TOP